利用規約

テラダ・ミュージック・スコア株式会社(以下「当社」といいます)は、GVIDOストアおよびMy Library( https://jp.gvidoscore.com/、以下「当ウェブサイト」といいます )、GVIDOプロモーションウェブサイト( https://www.gvido.tokyo/ )等、当社が提供する電子楽譜デバイス GVIDOの関連サービス(以下、総称して「GVIDOサービス」といいます)の利用規約(以下「本規約」といいます)を以下の通り制定します。GVIDOサービスを利用される前に以下のご利用条件をお読み頂き、これらの条件にご同意された場合のみご利用いただけます。

第1条(規約の適用)

1. 本規約は、GVIDOサービスをご利用される際の条件を定めたものであり、GVIDOサービスをご利用になる方(以下「利用者」といいます)は、本規約の定めに従ってGVIDOサービスを利用しなければなりません。

2. GVIDOサービスは、本規約に同意をいただいた利用者に対してのみ提供いたします。利用者が未成年である場合は、法定代理人の同意を得てGVIDOサービスを利用していただきます。

3. GVIDOサービスについては、本規約のほか、個別のサービス毎にガイドライン、説明書または規約等(以下「ガイドライン等」と総称します)を定めている場合があり、ガイドライン等は本規約の一部を構成します。

4. 本規約に定める内容とガイドライン等に定める内容が異なる場合については、ガイドライン等が優先して適用されます。

第2条(規約の変更)

1. 当社は、あらかじめ利用者の承諾を得ることなく、本規約、ガイドライン等の内容をいつでも変更することができるものとします。この場合、変更後の本規約、ガイドライン等は、GVIDOサービスのウェブサイト上に掲載された時点からその効力を生じるものとします。ただし、当社が別途定めた場合はこの限りではありません。

2. 利用者は、前項により本規約、ガイドライン等の変更が行われた場合、変更後の本規約、ガイドライン等に従うことをあらかじめ同意いただきます。

第3条(利用者の責任)

利用者は、当社がGVIDOサービスにおいて提供する情報の信頼性、解釈等については、利用者ご自身の責任で判断するものとします。

第4条(利用環境の整備)

1. 利用者は、GVIDOサービスを利用するために、自己の責任と費用負担において通信機器、ソフトウェアおよび公衆回線等(以下「通信設備等」といいます)を準備するものとします。

2. 利用者は、GVIDOサービスの利用に支障をきたさないよう、通信設備等を自己の責任において維持管理するものとします。また、利用者は、GVIDOサービスの利用に際し、通信事業者との間で発生するGVIDOサービス接続に関する諸費用を自己の責任において管理および負担するものとします。

第5条(契約の成立)

利用者からの商品の注文は、契約の申込となります。利用者からの商品の注文後、当該商品がデジタル商品以外の商品である場合、当ウェブサイトから当該商品の発送通知が利用者に届いたときに、契約の申込は承諾され契約が成立します。ご注文いただいた商品がデジタル商品である場合は、当ウェブサイトから当該商品の注文確定通知が利用者に届いたときに、契約の申込は承諾され契約が成立します。予約注文の場合は、当ウェブサイトから注文商品の購入確定通知が利用者に届いたときに契約申込は承諾され契約が成立します。

第6条(GVIDOアカウント)

1. GVIDOサービスを利用するために、本条に定めるアカウント(以下「GVIDOアカウント」といいます)の登録が必要になる場合があります。

2. GVIDOアカウントの登録を行った利用者(以下「登録利用者」)は、当ウェブサイトにおいて電子楽譜の購入、My Libraryの利用等をおこなうことができます。

3. GVIDOアカウントの登録(以下「登録」といいます)を希望する利用者は、本項以下の条件に従い登録を行うものとします。なお、登録が可能な利用者は、当社が本条第8項に定める登録の申込みについて承諾した登録利用者で、かつ次の各号すべてに定める条件を満たした方とします。

(1)当社が利用を承認するクレジットカード会社が発行する日本国内で利用可能、かつ有効なクレジットカードを所有している個人または法人であること。また、法人の場合はクレジットカードに代えて、当社が自動引き落とし可能な銀行口座を所有していること。

(2)日本国内に居住する満20歳以上の個人または日本国内に拠点を持つ法人であること。

(3)当社との間で送受信が可能な電子メールアドレスを所有していること。

(4)当社との連絡が可能な住所、電話番号を所有していること。

4. 登録の申込(以下「本申込」といいます)を希望する利用者は、当社が定める所定の方法により、利用者ご自身に関する真実かつ正確な情報を当社に送信していただきます。
当社は、前項に定める本申込に関する情報を受信し、同申込にかかる必要な審査を行います。

5. 審査の際およびアカウント登録後、GVIDOサービスに基づく事項について、利用者または登録利用者のご連絡先連絡させて頂く場合があります。

6. 当社が登録利用者に対し、前項の審査により本申込を承諾する場合、登録利用者によるGVIDOサービス利用のための当社所定のIDおよびパスワード等(以下「認証情報」といいます)を当社が定める所定の方法により送信することにより承諾(以下「本承諾」といいます)いたします。なお、登録利用者は、認証情報の使用および管理について一切の責任を持ち、適切に管理していただくものとします。

7. 登録利用者は、認証情報の盗難、紛失、失念または第三者による利用等を知得した場合、直ちに当社に通知するものとします。

8. 前項の届出前に、認証情報の盗難、紛失、失念または第三者による利用等により登録利用者に生じた損害については、当社は責任を負いません。

9. 当社は、登録利用者による認証情報の管理不行き届き、第三者による認証情報の不正使用等により当該登録利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

10. 当社は、本条第4項に基づき本申込をした利用者が、次の各号のひとつにでも該当すると判断した場合、本承諾をしない場合があります。また、当社による本承諾後、登録利用者が次の各号のひとつにでも該当すると当社が判断した場合、当社は、当該登録利用者にあらかじめ通知することなく、当該登録利用者に対して登録の抹消、GVIDOサービスの停止、および認証情報の無効化等(以下「本抹消等」といいます)を行うことができるものとします。

(1)本申込をした者が本規約、ガイドライン等を遵守しない場合。

(2)本申込をした者が実在しないことが判明した場合。

(3)本申込をした者が、過去に本規約またはガイドライン等の違反等により登録利用者資格の停止・取り消しを受けていることが判明した場合。

(4)本申込における当社への登録情報に、虚偽記載、誤記、記載漏れ等があった場合。

(5)本申込をした者が第13条各号のひとつにでも該当する行為を行った場合。

(6)本申込をした者が成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、本申込の際に、法定代理人、保佐人または補助人の同意を得ていなかった場合。

(7)登録利用者が死亡したことが判明した場合。

(8)登録利用者が、当社所定の期間GVIDOサービスの利用等を行った形跡が認められない場合。

(9)前各号の他、当社が本承諾またはGVIDOサービスの利用資格等を与えることを不適当と判断した場合。

11. 登録利用者によるGVIDOサービスの利用に際し、当社が、本承諾をしたアカウント登録の認証情報と、当該登録利用者が入力した認証情報とを照合し、当社所定の方法により一致することが確認できた場合、当社は、当該登録利用者によるGVIDOサービス利用を登録利用者本人による正当な権限のあるサービス利用として取り扱い、当社は、当該サービス利用によるトラブルまたは生じた損害については、一切責任を負わないものとします。
登録利用者は、GVIDOサービスの利用に際しても、本規約およびガイドライン等を遵守するものとします。

12. 登録利用者が、GVIDOサービス利用の終了(以下「退会」といいます)を希望する場合、当社所定の方法により当社への届出を行うものとします。なお、上記退会の届出を行った登録利用者は、退会時にアカウント登録を前提とした全てのGVIDOサービスに関する権利を失うものとします。

第7条(GVIDOサービスの一時中断、中止、変更、終了等)

1. 当社は、次の各号のひとつにでも該当する事由が生じた場合、利用者および登録利用者にあらかじめ通知することなく、GVIDOサービスの全部または一部の提供を一時中断することができるものとします。

(1)GVIDOサービス用設備の定期保守、緊急保守等を行う場合。

(2)GVIDOサービス用設備の障害発生への対応を行う場合。

(3)地震、火災、噴火、津波、洪水、その他風水害等の災害、停電、戦争、事変、暴動、テロ行為、労働争議、示威運動、その他第三者の行為等により、GVIDOサービスの提供ができないと当社が判断した場合。

(4)前各号の他、当社がGVIDOサービスの運用上または技術上、GVIDOサービスの一時中断が必要と判断した場合。

2. 当社は、当社が必要と判断した場合、利用者および登録利用者への事前の通知なくして、GVIDOサービスの全部または一部を終了させることができるものとします。
当社は、当社の事業判断により、いつでもGVIDOサービスの全部または一部を変更することができます。

3. 前各項によるGVIDOサービスの一時中断、中止、変更、終了によって利用者および登録利用者に何らかの損害や不利益が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。

第8条(広告・リンク)

1. GVIDOサービスのウェブサイトには、第三者のウェブサイト(以下「第三者サイト」といいます)へのリンクが表示されている場合がありますが、当社は第三者サイトを管理しておりません。利用者は、当該リンク先との取引(契約条件、利用条件、売買条件等を含みますがこれらに限られません)については、当該第三者サイトの運営者との間で、自己の責任において行っていただきます。

2. 当社は、利用者による前項の取引に起因して利用者、他の利用者、他の登録利用者または第三者が被った損害について、一切の責任を負わないものとします。

第9条(個人情報の取り扱い)

1. 当社は利用者のプライパシーを尊重するものとし、利用者個人に関する情報(以下「個人情報」といいます)の取り扱いは、当社「個人情報保護方針」に従うものとします。

2. 登録利用者は、当社が前項の個人情報保護方針等において定める内容をあらかじめ承諾するものとします。

第10条(再委託)

当社は、GVIDOサービスに係る業務の全部または一部を、当社の責任において第三者に再委託することができるものとします。

第11条(権利の帰属)

1. GVIDOサービスのコンテンツ、プログラム、情報等に関する知的財産権その他の権利は当社またはその他の著作権者等正当な権利者に帰属し、各国著作権法および著作権に関する国際法によって保護されています。利用者はこれらの権利を侵害する行為を行わないものとし、本条の規定に反して権利者又は第三者との間で問題が発生した場合、利用者は自己の責任と費用においてその問題を解決するものとします。

2. 当社がGVIDOサービスおよびGVIDOサービスに関連して使用している全てのソフトウェアは知的財産権に関する法令等により保護されている財産権および営業機密を含んでいます。

第12条(禁止事項)

利用者は、GVIDOサービスの利用において次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。

(1)法令もしくは公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為。

(2)犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。

(3)他の利用者、他の登録利用者、第三者または当社の財産、信用、プライバシー、名誉を侵害するまたはそのおそれのある行為。

(4)他の利用者、他の登録利用者、第三者または当社の知的財産権を侵害する、またはそのおそれのある行為。

(5)他の利用者、他の登録利用者、第三者または当社に不利益および損害を与える行為、またはそのおそれのある行為。

(6)事実に反するもしくは事実に反する可能性のある情報を送信投稿、掲示する行為ならびに他の利用者、他の登録利用者、第三者または当社を誹謗中傷する行為。

(7)選挙運動、選挙の事前運動、公職選挙法に抵触する行為またはこれらに類似する行為。

(8)他の利用者、他の登録利用者、第三者に対する営利を目的とする行為(広告、宣伝、勧誘等を含むがこれに限られない)もしくは結びつく行為またはそれらのおそれのある行為。

(9)GVIDOサービスに関連する権利を第三者に譲渡、使用、売買、質入、担保する、またはこれらに類する一切の行為。

(10)GVIDOサービスの運営を妨害またはGVIDOサービスの信用をき損する行為。

(11)1人の人物が複数のアカウント登録を行う行為。ただし、当社が承認した場合はこの限りではないものとします。

(12)1つの認証情報を複数人で利用する行為。

(13)他の利用者、他の登録利用者、第三者または当社になりすましてGVIDOサービスを利用する行為。

(14)GVIDOサービスを通じて有害なコンピュータプログラム等を送信または他の利用者、他の登録利用者、第三者が受信可能な状態とする行為。

(15)GVIDOサービスに接続している他のコンピュータ、システム、サーバー等不正アクセスを行う行為またはそのおそれのある行為。

(16)前各号に定める行為を助長する行為。

(17)前各号の他、当社が不適切と判断する行為。

第13条(料金の支払い)

1. 利用者は、GVIDOサービスの利用に伴い発生する料金および消費税等を当社が承認したクレジットカード会社が発行するクレジットカードにより、クレジットカード会社の会員規約に基づき一括して支払いを行うこととします。

2. 利用者の名義人と、クレジットカードの名義人は同一であることを条件とします。
利用者のクレジットカードが失効その他の事情により、本条第1項のクレジットカード決済が不能となった場合、利用者は当社の指定する方法により、直ちに支払うものとします。

3. 利用者と当該クレジットカード会社の間で料金その他の債務を巡って紛争が生じた場合、当該当事者間で解決するものとし、当社は一切の責任を負いません。

4. 利用者が法人の場合は、本条第1項のクレジットカード決済またはお客様からお届けいただいた金融機関の口座からの自動引落にて支払いを行うこととします。

第14条(届出事項)

1. 登録利用者は、本申込に基づく当社への登録情報について変更が生じた場合、直ちに当社所定の手続きおよび方法により、変更の届出を行うものとします。

2. 前項の届出前に、当社への登録情報に誤りがあったことにより登録利用者に生じた損害については、当社は責任を負いません。

第15条(免責事項)

1. 当社は、本サービスの利用に関連して利用者または第三者に生じた損害について、一切の賠償責任を負わないものとします。

2. 当社は、利用者がGVIDOサービスの利用に伴い入手した情報等に関連した次の各号に定める事項について、一切の賠償責任を負わないものとします。

(1)GVIDOサービスが利用者の特定の目的に適合しまたは要求を満たしていること。

(2)GVIDOサービスが、障害、不具合またはエラーのないものであること。

(3)GVIDOサービスを通じて利用者が入手する情報、サービスまたは商品等が利用者の期待を満足させるものであること。

(4)GVIDOサービス上で当社が提供する情報、データ等が正確なものであること。

(5)GVIDOサービスの利用が利用者に適用のある法令または内部規則等に適合すること。

3. 当社が本規約、ガイドライン等に基づき、アカウント登録の抹消、サービスの停止もしくは認証情報の無効化したことに関連して、利用者または第三者に生じた損害について、一切の賠償責任を負わないものとします。

4. 当社は、利用者がGVIDOサービスの利用に関して使用する通信設備・機器、ソフトウェア等については、その動作保証を一切行わず、通信設備等に関して利用者または第三者に生じた損害について、一切の賠償責任を負わないものとします。

5. 当社は、登録利用者の認証情報が第三者に使用されたことにより、当該登録利用者または第三者が被った損害については、当該会員の過失がなかった場合といえども一切の責任を負いません。

6. 当社は、本規約、ガイドライン等に基づくGVIDOサービスの一時中断、停止またはGVIDOサービスの全部または一部の終了、その他GVIDOサービスに関して利用者または第三者に生じた損害について、一切の賠償責任を負わないものとします。

7. 利用者が消費者契約法に定める「消費者」に該当する場合は、本条第1項、及び第3項から第6項にかかわらず、当社に帰責性がある場合には、賠償責任を負うものとし、その範囲は直接かつ現実に生じた通常損害に限定され、かつ、過去12ヶ月間に本サービスの利用に伴い利用者が当社に支払った料金(個品の購入にかかる代金を除く。)相当額に限定されるものとします(当社に故意又は重過失があると認められる場合には限定されません)。

第16条(損害賠償)

1. 利用者は、GVIDOサービスの利用に関連して、第三者から苦情の申出、損害賠償の請求等を受けた場合、これら申出、請求等についてはすべて利用者の責任および費用負担をもって解決にあたることに同意するものとします。

2. 利用者が本規約に反し、または不正にGVIDOサービスを利用することにより当社が損害を被った場合、当社は当該利用者に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

3. 第三者が当社に対し、利用者によるGVIDOサービスの利用に関連して、苦情の申出・損害賠償の請求等をした場合、当社は当該利用者に対して、当社が当該申出・請求等に対して要した一切の費用(弁護士費用を含む)を請求できるものとします。

第17条(通知)

1. 当社から利用者への通知または催告は、当社が、次の方法で利用者が通知または催告に係る情報を閲覧できる状態に置くことによって行います。

(1)利用者が当社に登録した電子メールアドレスに当該情報を記録した電子メールを送信する方法

(2)利用者が当社に登録した住所に当該情報を記載した書面を郵送する方法

(3)本サービスに関する当社所定のホームページ(以下「本ホームページ」といいます)に当該情報を掲示する方法

2. 当社が、アカウント登録の際に当社に申告された電子メールアドレス(登録利用者より変更の届出があった場合は、当該変更届出後の電子メールアドレス)に電子メールを送信する方法で通知または催告を行なった場合は、当該通知または催告は即時に登録利用者に到達したものとみなします。

3. 当社が、登録利用者登録の際に当社に申告された住所(登録利用者より変更の届出があった場合は、当該変更届出後の住所)に書面を郵送する方法で通知または催告を行なった場合は、当該通知または催告は通常到達すべき時に登録利用者に到達したものとみなします。

4. 当社が、本ホームページに掲示する方法で通知または催告を行った場合は、通知または催告に係る情報が本ホームページに掲載された時に登録利用者に到達したものとみなします。

第18条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合でも、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残部は、継続して完全に効力を有するものとします。

第19条(準拠法および管轄裁判所)

1. GVIDOサービス、本規約およびガイドライン等に関する準拠法は日本法とします。なお、本サービスにおいて物品の売買が発生する場合であっても、国際物品売買契約に関する国際連合条約の適用を排除します。

2. GVIDOサービス、本規約またはガイドライン等に起因しまたは関連する一切の紛争については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
2017年9月17日 制定、施行